HKhouse

ホーム > HKhouse > HKhouse > 日記

HKhouse のTOPヘ

HKhouse 日記

 1  2  3  4  5  6  |  7  |  8  9  10  11  12  13  14  15 すべてを表示

『とみたメロンハウス』オープン!

弊社で施工した中富良野町の
『とみたメロンハウス』が新築オープンいたしました。

tomita01.jpg

大きなトップライト、現しのトラス梁など
とても素敵な空間となりました。

tomita02.jpg

是非、美味しいメロン、ソフトクリーム、メロンパン、
トウキビ、そしてこだわりのハンバーグをご賞味下さい。
晴天の日は、十勝岳連邦も絶景です。

tomita03.jpg

外のベンチで食べるメロンは絶品ですよ!

tomita04.jpg
画像をクリックをするとリンクします。

ワンコのつぶやき

こんにちは、ボクはミニチュアダックスのコテツです。
やっと夏がきましたが、毛皮のボクには暑さがこたえます。

ボクのご主人様は夫婦そろって山登りが好きで、
毎週ボクも連れていかれます。

足が短いのに何時間も歩かされるんですよ。

風が吹いていても地面近くにいるボクには届かないし、
草むらに顔をつっこんでいたらダニにくわれちゃいました。
でも見晴らしのいい所で、お母さんに抱かれて
風に吹かれた時は、気持ち良かったです。

雪渓の上は格別です。
足のウラがヒンヤリして、ついつい飛び回ってしまいました。
下りは苦手なので、お父さんがリュックにいれてかついでくれます。
楽ちんで寝てしまいそうです。

miyazaki02.jpg

ヨロヨロ降りていたおじさんがボクを見て、
「オレも誰かかついでくれないかなー」といってました。
へへへ ボクだけの特権です。

miyazaki01.jpg
(ニセイカウシュッペ山~平山への稜線)

設計営業G宮崎でした。

札幌の車窓から

今回の旅は、チリ領イースター島から、イギリス南部ソールズベリーにある
ストーンヘンジへの旅です。

yokoi01.jpg

yokoi02.jpg

と、本当に行けるはずもなく、札幌市内のとある場所へ行ってきました。
札幌市内にお住まいの方であれば、ご存知の方も多いのでは、と思います。

柄にもなく世界遺産などに興味がある私は、道路から見えるモアイ像が、
いつも気になっており、今回は、ちょっと立ち寄らせていただきました。
(近くにあったストーンヘンジも、拝見させていただきました。)
私はいつも、モアイ像の大きな顔だけに注目していましたが、
よくよく見ると、小さい手がある事に気がつきました。(知りませんでした、、、)
新たな発見で、少し得をした気分となりました。

帰路に、ふと空を見ると、1本の飛行機雲を発見。

yokoi03.jpg

空の青さも濃く、綺麗なラインが出来ていました。
以上、この番組の提供は、
札幌支店 横井がお届けいたしまた。

自然の美しさ

ここ旭川も、夏を目前に控え、日中は夏日を記録する日々に
年甲斐もなく、なんとなくわくわくする今日このごろ。

そんなある日、一日の仕事を終え
自家用車の運転席につき帰路についたとき
目前に広がる西の空に赤く輝く一条の光の柱。
はずかしながら50年以上生きてきて記憶にある限り初めての光景でした。

tanaka01.jpg

家に帰ってからネットを通じて調べて見ると、
北海道ではダイヤモンドダストが輝く
サンピラーが有名ですが夕日でも、
同じような現象が見られるとのこと。
(天変地異の予兆でなくて何より)

それにしても、見事な赤い光の柱、
思わず車を脇道に止め少しの間、見入っていました。

日々、忙しさにかまけ、
これまでも身近な絶景を見落としてきたのかもしれません。
身近な山や川、雲の流れ、星のまたたきなどにも
新たな感動が詰まっていることでしょう。
今夜は天気も良いし改めて月でも眺めてみると
小説「1Q84」の世界のように
2つの月が出ているかもしれないと思った夕暮れでした。

営業設計G田中がお届けしました。

子供は天使?それとも・・・?

5月中旬から育児休暇を経て、仕事に復帰しました。
子供が2人になったら、支度にかかる時間も2倍です・・・。
朝は5時半に起きて支度していますが、
子供たちの支度は自分の思うようには行きません。
でも、励ましてみたり、ゲーム感覚にしてみたり、
だましながら支度しています。

かわいい時もあれば、う~(怒)っと思う事もあります。
怒らないで褒める育児と最近いわれていますが、
時には怒ってしまう事もあり、日々反省です。
子供は天使と言いますが、天使に見えないときも・・・(汗)

でも本当に天使だと思ったときがありました。
先日、母が亡くなり泣いていた私を、2歳の娘が泣きながら、
「お母さん、大丈夫だよ。大丈夫。」と励ましてくれました。
自分も母親なんだって気付かされ、子供の力は本当に偉大だと思いました。

これからは6月に息子、7月に娘の誕生日があり、
運動会があり・・・行事がいっぱいです。
どんな事も1度しかない事なので、
子供の心に少しでも残るような楽しい思い出を作っていきたいです。

そして、子供たちのためにも、素敵なお母さん目指して、
これからも仕事、育児がんばっていきたいと思います。

営業設計G中江でした。
nakae01.jpg
段ボール箱で電車ごっこ

 1  2  3  4  5  6  |  7  |  8  9  10  11  12  13  14  15 すべてを表示