HKhouse

ホーム > HKhouse > HKhouse > 日記

HKhouse のTOPヘ

HKhouse 日記

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  |  14  |  15 すべてを表示

楽器への情熱再び

前回のブログ担当松井のちょうど親世代のオヤジです。
彼女が紹介していたトランペット同様
私にも若く輝いた青春の日々に熱中した楽器があったのです。

それは、このギターでした。
01_1.jpg 02_1.jpg

今から約35年前、時は叙情派フォークブームで、
私もギターを手にして、黄色い声援を浴びる目論見でした。
 
酒屋でのバイトとお年玉で資金を調達し、
写真にあるKカントリー HC700ヘリンボーンモデルを購入し「 ザ ・ ま め 」という
3人組のバンドで学校祭や小規模なライブなどのステージに立ちました。
(バンド名の由来は、私の容姿を想像していただければ納得されると思います)

当時、人気の主流は、かぐや姫・ふきのとうなどの叙情派フォークで
わがグループが志向した加川良、大塚まさじ、
憂歌団などの関西フォーク・ブルースは、
黄色い声援を浴びるというより宴会芸の様相を呈して、
当初の目論見は、はかなく崩れ去ったのでした。
 
しかし、最近35年のときを経て、
当時のメンバーの一人F氏が再結成を呼びかけましたが、
私とほか1名N氏は黙殺を決め込んでいたところ、
なんとF氏単独でライブハウスのおやじバンド顔見世ライブ出演を挙行し、
それを見た私とN氏は、F氏の勇気とライブの怖さを思い知らされたのでした。

一方、もう一人のメンバーN氏は、わき目を触れず社長として日々仕事に精進し、
今年わがHK houseで自邸を新築し穏やかな暮らしを手に入れたのでした。

めでたし、めでたし。

さて、私といえば、いまだに家で独りになるとHC700ヘリンボーンモデルを持ち出し、
人知れず、音楽への情熱の熾き火を心の奥深くしまいこむと共に、
ときにはカラオケでがなり声をあげ 若き日々を偲ぶのでありました。

以上、田中がおおくりいたしました。

ペット・ペット

こんにちは!!
最近のマイブームが喫茶店めぐりの松井です。

そんな私の趣味をご紹介したいと思います!!
で す が・・・
あまりにも趣味が多すぎるので、
今回は、『 トランペット 』についてお話したいと思います。
好きなことは長々とお話してしまうので、なるべく簡潔にしますね(笑)

トランペットをはじめたのは小学校3年生の頃、
本当はフルートが吹きたかったのですが、指がとどかず断念。
フルートが無理ならクラリネットが良いなと第二希望を出しましたが、 
これもまた前回同様で指がとどかず、呆気なく終了。   trumpet.jpg
次は先輩に勧められたトロンボーンを吹いたところ、  
意外とスラスラ吹けました。 
先輩方に褒められて調子に乗って吹いていると、
スライドに指を挟めトロンボーン恐怖症に(笑)
吹く楽器が駄目なら叩く楽器はどうだろうかと思い、
パーカッション(打楽器)を希望。
スネアドラム(小太鼓)を叩いてみると、
これはなかなかイケるなと上機嫌でいると、
顧問の先生から一言・・・
あ な た 、 リ ズ ム 音 痴 だ か ら ト ラ ン ペ ッ ト に し な さ い 。
スネアドラムを叩きながら私は素直にうなずきました。

それがきっかけで、現在も続けて約12年が経ち、
高校を卒業後は練習する場所がないため家で吹くようにしていますが、
家で楽器を吹きだすと我が家の猫が一斉にその場から逃げ出します。

・・・まだまだ未熟者だということですね。

そんな私はトランペットも猫も大好きです。
以上!!皆様の住宅を早く建てたいと夢見る、社会人2年目の松井でした!!
kukki-.jpg kurumi.jpg maron.jpg minto.jpg

ストレス解消法

私は近頃時々記憶が飛んでしまう定年間近のオバサンです。

建築士として、積算(建物の金額を算出)の仕事をしていますが、
日々仕事に追われ、家事は後回しの毎日です。

唯一の楽しみが山登りです。
今年は毎週のように遭難のニュースがながれましたが、

山 は 天 気 の 良 い 時 に 登 る

これが一番です。
では 山のひとときに癒されて下さい。
01.jpg 02.jpg
03.jpg 04.jpg
もっと夏に休みがほしい宮崎でした。

簡単!『見せる収納』

私は平成21年7月に長女を出産し、育児休業を経て、
4月に職場復帰しました。

上司、同僚、後輩の絶大な協力の下、
職場と家庭を両立しながら、早5ヶ月が経ちました。

子育て中のお母さんでしたら経験されていると思いますが、
子供の『おもちゃ』が日に日に増えて、
収納スペースがパンク状態。

そこで職場と家庭を両立するお母さんの『手抜き第一弾』
大げさな事ではないのですが、『カゴ』を用意します。

種類ごとにおもちゃを分けて『カゴ』の中にポイ。
簡単『見せる収納』の出来上がりです。
部屋の隅に置くだけで、『カゴ』は移動自由ですから、
掃除も簡単です。

DSCF1096.jpg

そんなちょっとした事ですが、これからもお母さん目線で、
お客様へのアドバイスをさせていただけるよう、
心掛けていきたいと思います。

日々、「仕事」と「家事」と「育児」に奮闘中の中江でした。

臨時ニュース

2氏の建築家が設計し弊社( HK house )が札幌で施工させて頂きました、
2棟の住宅が2010年度の下記賞を受賞されました。


■山内圭吉氏設計の「Y-house」が、
 2010年度日本建築学会北海道建築奨励賞を受賞されました。
 ↓ 画像をクリックすると大きく見れます
  y-house01.jpg y-house02.jpg y-house03.jpg
 ㈲山内圭吉建築研究所 http://www2.odn.ne.jp/yamauchi-arc/


■赤坂真一郎氏設計の「フツウ・ノイエ」が、
 2010年度日本建築家協会北海道支部大賞(ハルニレ賞)を受賞されました。
 ↓ 画像をクリックすると大きく見れます
  hutuunoie01.jpg hutuunoie02.jpg hutuunoie03.jpg
 ㈱アカサカシンイチロウアトリエ http://www.akasaka-atelier.com/


建設に係わってくださりました、
工事関係者の皆さんにも心から御礼申し上げます。

今後もお客様や建築家から
『 HK houseにしてほんとうによかった 』とお言葉を頂けます様、
品質・お客様満足度・メンテナンス第一の住宅
スタッフ一同で建設させて頂きます。

山内先生、赤坂先生!本当におめでとうございます。

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  |  14  |  15 すべてを表示